洗濯物のニオイは大丈夫か部屋干しで

梅雨から夏にかけて、いよいよ暑くなってきます。そんなときに気になるのが、洗濯物のニオイ。 梅雨で、しとしとと雨が降る湿った一日はもちろんのこと、最近はゲリラ豪雨なんてのがあります。 ひどいものですよね。朝はピーカンに晴れ渡っていても、午後三時をすぎた頃から暗雲がもくもくと垂れ込めてきて、ドカン!と落雷。大粒の雨が叩きつけるように降ってきます。最近の雨は本当、夕立なんてものじゃないですよね。

良く晴れているからと安心して、天気予報も見ずに外に干したまま出かけると、家に帰ってくる頃には洗濯物はぐっしょり、という経験をした人も多いんじゃないでしょうか。 ちゃんと天気予報で、大気が不安定だと確認しても、朝綺麗に晴れ渡っていると、なんだかその太陽を横目で見ながら、ちまちま部屋に洗濯物を干している自分が情けなくなってきます。 やっぱり、カラッと晴れた空、そよぐ風の中で、自然に乾燥・日光消毒された洗濯物ほど気持ちいいものはそうそうないですものね。

部屋干しになってしまう理由は、最近他にも増えつつあります。 まずは、花粉症。 私も軽度ですが花粉症で、その季節はなかなか屋外に干すことができないのです。いくら日の光が気持ちよくても、目がかゆくなったり鼻水が出てしまいますので。 花粉はなるべく部屋には持ち込まないようにしています。

次に、黄砂やPM2.5の問題。 これをご覧になっているみなさんが全国どこにお住まいかにもよりますが、中国からやってきた大気汚染物質が、肺になにかと悪さをするようです。喘息持ちなど肺の弱い方はとくに気になるのではないでしょうか。

聞くところによれば、関東のPM2.5は、中国由来のものだけではなく、国内のPM2.5も混ざっていると言う話なので、いたずらに中国ばかりを責められません。しかし、とにかく大気汚染には困ったものです。 黄砂に関しては、十年くらい前、PM2.5が取り立たされる前に、うっかり黄砂の多い日に布団を干して出てしまったことがあります。かなり悲惨な目に遭いました。

そんなこんなで、部屋干しの必要性は年々高まっているのですが、そこで気になるのは、臭わないか、と言うことでしょう。 最近は除菌のできる洗剤も増えてきましたが、そんな洗濯物の部屋干し事情について考察してみました。

更新情報・お知らせ

2014/07/01
ブログに投稿をアップしました。UP

お気に入りサイト

無垢フローリングはマンションに
マンションのサイズにだってフィットするフローリングを

ベッドの選び方で睡眠の質を上げましょう
身体へのストレスを減らして、快適な睡眠を

ソファー張替えを予算に合わせて相談
価格を相談の上修理方法を提案します

自然素材の建て替え
新築はもちろんリフォームをご検討なら